ゲイフレンド募集

「ゲイフレンド募集」。そんなあからさまな、と思いつつも気になって仕方のない僕がいた。
ネットで見つけたその言葉は、一度はスルーした僕の心を捕らえて離さず、結局好奇心に負けてリンクを開かせる事となったのだ。
これまでどうにも女性に関心が持てず、しかし男性が気になるという気持ちには気付かないフリをして生活してきたのだが、大学を出て、就職をして、いくつになっても彼女ができない僕を見た友人たちは冗談交じりに「おまえゲイだろ」とからかった。
冗談とはいえ面と向かってゲイと言われると意識せざるを得なくなり、数年の月日を要する事にはなったが次第に自分がゲイであるという事実を認められるようになっていった。

ところが問題は仲間を見つける方法が分からない事であり、身近な人間に迂闊に声を掛けることもできず悶々とした日々を送る事となる。
そんな生活の中で見つけた「ゲイフレンド募集」の文字は僕の心に希望の光を差すように感じられた。
ただ、いざその世界へとなると戸惑いもあり躊躇したのだが、やはり好奇心には勝てず足を踏み入れる決断をしたのである。
ゲイフレンド募集のリンクの先には僕と同じような思いをしてきた人も沢山いて、すぐに打ち解けられた。
こんなに簡単に打ち解ける事ができるのならば、もっと早くに足を踏み入れるべきであった。
今や旧知の友人にも言えない心の底の部分をも曝け出す事のできる仲間を得られた事は、僕の人生にとって大きな利益である。
ゲイ
出会い系 ゲイ

せフレ 出会い

彼女とのエッチに満足できない。
最初は楽しかったけど最近はマンネリでお互いに単調になっていた。
俺は刺激が欲しくてアブノーマルな行為を提案してみたが
彼女には失笑されてしまった。

彼女が嫌いな訳ではない。でも、エッチに満足できないモヤモヤが不満だった。
そこでエッチな欲望をぶちまけられるせフレを探す事にした。
せフレと出会い、エッチしまくればこのモヤモヤが消えると思ったからだ。
デートや日常は彼女と過ごし、ムラムラした時はせフレに出す。
これが出来たら最高だと思った。

まずはせフレを探して出会う必要がある。
面倒な事にはなりたくないので、手っ取り早く出会い系サイトを使う事にする。
すぐにせフレが見つかると思っていたが、
掲示板の募集は援助交際ばかりで、簡単にはせフレが見つからなかった。

仕方ないので適当な人と援助交際で会ったがお世辞にも可愛いと言えない見た目だった。
断れずにホテルへ入ったが萎えたままでエッチ出来ない。
しかもお金も渡して散々だった。

その後は写真で可愛い人にだけ会うように心がけた。
まあまあな見た目の人に会えば、なかなか刺激的なエッチが出来た。
新鮮さがあるからか普通にやるだけでもかなり興奮する。

そんな中で、運命とも言えるせフレとの出会いがあった。
援助交際で会った人はものすごく可愛く俺の好みだった。
エッチもめちゃくちゃ興奮して、言う事無しだ。
必死に口説いてメアドを貰った俺は、マネにメールしたりデートに誘ってアピールした。
しばらくしてから、相手から援助交際じゃなくても会って良いと言ってくれた。

正直、今の彼女には完全に冷めてしまった。
せフレ状態の人を好きになった俺は本気で口説いている。
こんな出会いがあるなんて思いもしなかった。

愛人 女子大生
愛人契約

31歳独身男性自由業の人妻日記

旦那はバリバリ仕事をするタイプだけど、当然のごとく家庭を顧みないというタイプの人で他の男性との関係を求めて出会い系サイトを利用していると話してくれたのは、38歳のサトミさんでした。
子供も手がかからなくなっているし自分の楽しみを見つけたいという思いがあったようで、出会いを求めていたようです。
人妻になってからは旦那がかまってくれない、という精神的にも肉体的にもかなりの不満を持っている人でこちらの誘いにも簡単に食いついてくれまして、デートといいますか面接がてら食事にでもという話になったのです。
サトミさんは童顔で巨乳という男から見たら最高にいい取り合わせの人で、年齢よりも若々しいし輝きを持った人でした。
こんな奥さんとしないなんて旦那の気が知れないと思ってしいましたね、食事に行く約束でまなち合わせをしたのですが彼女の方からホテルに誘ってきたのです。
呆気にとられてしまいました、まさか即ハメの要求が出るなんて考えてなかったですからね、自分の頭のなかでは食事してお喋りしてまた今度ってストーリーを作っていたのでビックリでした。
もちろん素敵な人妻のサトミさんが相手ですので相手にとって不足など全くありません、即座にホテルまで移動して彼女のオマンコをごちそうになりました。
これほど素敵な女性を抱くのははじめての経験でしからねほんとに興奮してしまいまして、そのままの勢いで生挿れ中出ししてしまいました。
彼女もなかで出されるのは久しぶりだったようでその快楽に浸ってくれてお互いに満足できたのです。